NPO法人の財務諸表等:活動計算書

活動計算書は、その事業年度に発生した収益と費用及び損失を計上することにより、NPO法人の正味財産の増減と活動の状況を表すものです。従来の収支計算書にかわるものです。活動計算書は、企業会計における損益計算書に該当します。

構成は、経常収益、経常費用、経常外収益及び経常外費用に区分されます。
「経常収益」はNPO法人の通常の活動から生じる収益であり、受取会費、受取寄付金、受取助成金等、事業収益及びその他収益に区分表示します。
「経常費用」はNPO法人の通常の活動に要する費用であり、事業費と管理費に区分した上でそれぞれ人件費とその他経費に区分します。複数の事業を行っている場合に事業ごとの表示を財務諸表の注記で記載することが可能であるなど、企業の損益計算書との相違点も見られます。
「経常外収益」及び「経常外費用」は、NPO法人の通常の活動以外で生じる収益・費用を記載します。企業会計の特別利益や特別損失に相当します。ここに表示されるものとしては、例えば固定資産売却損益や災害損失などがあります。
「当期正味財産増減額」は収益から費用を差し引いて算出します。企業会計の当期純利益に相当するものです。この金額が継続的に黒字なのか、それとも赤字なのかということは、NPO法人の経営を安定的に続ける上で非常に重要です。

活動計算書の最後に、「当期正味財産増減額」に「前期繰越正味財産額」(前期末の正味財産)を加えて、「次期繰越正味財産額」を表示します。この、次期繰越正味財産額は、貸借対照表上の正味財産合計と一致します。

参考:NPO法人の財務諸表等:貸借対照表