NPO法人の設立要件

NPO法人を設立するには以下の要件を満たす必要があります。

  1. 特定非営利活動をおこなうことを主たる目的とすること ⇒ 特定非営利活動
    不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とすること
  2. 営利を目的としないこと ⇒ 非営利とは
  3. 宗教活動を主たる目的としないこと
  4. 政治活動を主たる目的としないこと
  5. 特定の公職の候補者、公職者又は政党の推薦・支持・反対を目的としないこと
  6. 社員が10人以上であること
  7. 社員の資格の得喪に関して不当な条件を付さないこと
  8. 役員として、理事3人以上、監事1人以上を置くこと ⇒ 役員について
  9. 役員報酬を受ける者は役員総数の3分の1以下であること ⇒ 役員と報酬
  10. 暴力団でないこと。暴力団又は暴力団の構成員の統制下にある団体でないこと
  11. 設立の手続き並びに申請書及び定款の内容が法令の規定に適合していること

NPO法人を設立しようとする時点でどんな活動をするか(したいか)が明確になっているケースがほとんどですので、まずはNPO法に定める特定非営利活動の内容と意義、非営利(Non-Profit)の意味するところを正しく理解することが重要です。また役員についても、NPO法と法人税法それぞれの規定が関係してきますので、これも事前に確認しておくことが重要です。これらは設立後の円滑な運営やNPO法人としての活動を健全に続けるためにも大きく影響することだからです。

 

石田力税理士事務所ではNPO法人の設立から運営、NPO法人会計基準に則った経理、法人税や消費税などの税金について、親身にサポートしています。川口市、さいたま市、越谷、草加、埼玉県、福島県、郡山市など広くカバーしています。
お気軽にご相談ください。