NPO法人について

NPOとは、Non-Profit Organization の略称で、
直訳すると、非営利団体または非営利組織になります。

1995年の阪神・淡路大震災がきっかけとなって議論が進み、
1998年に「特定非営利活動促進法(NPO法)」が施行されました。
この法律は、
ボランティア活動をはじめとする市民の自由な社会貢献活動としての
特定非営利活動の健全な発展を促進することを目的としています。

このNPO法に基づいて設立されたのが、NPO法人です。

NPO法が制定された1998年はNPO法人の数は23だったのが、
その後、さまざまな目的や尊い理念によって社会に浸透するに
つれて設立も増加し続け、現在では5万を超え、
2018年6月末現在では、認証法人数は 51,774 となっています。

年々増加の一途をたどってきましたが、その一方で、

「ボランティア(=無償?)」や、
「非営利(=利益ゼロ?)」という
言葉のイメージや誤解によって、
NPO法人の会計(経理)や税金については
理解が進んでいないという現状があります。

このサイトでは、これらについて丁寧に説明をしてゆくことで、
NPO活動の健全な発展に微力ながら貢献したいと考えております。

2018年7月29日
税理士 石田力
埼玉県川口市